目元の整形Q&A
埋没法、目頭切開法、涙袋形成など、目の整形術を受ければ、理想の目元を手に入れることができます。とはいえ、埋没法も目頭切開法も涙袋形成も、立派な整形。整形をすることに不安を感じない人なんて、ほとんどいません。ここではそんな方のために、目の整形に関するよくある質問を取り上げていきます。安心して目の整形をするためにも、理想的な目を手に入れるためにも、是非、参考にしてください。
Q.一度二重にした目を元に戻すことはできますか?
目頭切開法や埋没法などで一重から二重にした場合、元に戻すことは決して不可能ではありません。しかし、二重を形成した後、長い時間が空いた場合には戻すことができないパターンもあります。施術後すぐであれば、元に戻すことも決して不可能ではありません。「二重まぶたの形成をしたものの、気に入らない」「事情があり、二重から一重に戻したい」という方は、施術を受けた美容外科にできるだけ早く相談へ行くようにしましょう。なお、涙袋形成の場合は、次第にヒアルロン酸が体内へ吸収されていくため、時間が経てば元に戻ります。
Q.術後に気をつけることはありますか?
埋没法、目頭切開法、涙袋形成といった目の整形術を受けた直後は、できるだけアルコールを控え、なるべく患部を触らないようにしましょう。痒くても我慢し、なるべく水で濡らさないことも重要です。冷やす、安静にする、メイクは控えるなどを心がけましょう。腫れが引いた後も、なるべくコンタクトレンズや派手なアイメイクは控え、患部周辺を清潔に保つことが重要です。メスを使った整形術を受けた方は、消毒をするなどして傷口にバイ菌が入らないようにしましょう。なお、ほとんどの美容整形外科では、万全のアフターケアが用意されています。担当医師の指示に従うことが何より重要です。
Q.手術の痛みはどれくらいありますか?
埋没法、目頭切開法、涙袋形成などの目の整形術では、施術の際、ほとんど痛みを伴いません。メスを使わないものは当然ながら痛みを感じませんし、メスを使うものでも麻酔を行った後に施術を行うので、痛みを感じることは殆どないでしょう。しかし、施術後の麻酔が切れた後は、痛みを感じやすくなります。しかし、殆どの美容整形外科では痛み止めを処方してくれるので、痛みが酷過ぎて生活できないといった状態にはなりません。施術後一週間頃には、殆ど痛みが気にならなくなります。
Q.手術後、翌日からコンタクトレンズをしても大丈夫ですか?
埋没法、目頭切開法、涙袋形成などの目の整形術を受けた後は、コンタクトレンズの使用をなるべく控えるようにしましょう。というのも、コンタクトレンズを入れるときには、まぶたを持ちあげる必要があり、どうしても患部に触れてしまうことになります。視力が悪いという方は、担当医師から許可が出るまではコンタクトレンズの使用を控え、患部に負担の掛からないメガネを使用するようにしましょう。なお、メスを使わない整形術であれば、施術直後からコンタクトの使用がOKなものもあります。
Q.手術の効果はどれくらい持続しますか?
目の整形術は、半永久的な効果を望めるもの、効果が一時的なものの2種類に分けられます。半永久的な効果を望めるものは、目頭切開法といった施術の際にメスを使うものが殆どです。目頭切開法ではメスを使って皮膚を切開するため、仕上がりが元に戻ることはありません。しかし、埋没法や涙袋形成といった糸を埋め込む施術、ヒアルロン酸を注入する施術は、糸やヒアルロン酸の成分が身体に浸透していくため、効果は一時的となってしまいます。しかし、それはやり直しが利くということでもあるので、万が一、施術が失敗した際には安心です。
Q.まつげのエクステを付けたままでも手術は可能ですか?
まつげエクステを付けた状態で埋没法、目頭切開法、涙袋形成といった目の整形は可能なのでしょうか?答えは、「可能」です。まつげエクステを付けた状態でも、埋没法、目頭切開法、涙袋形成といった目の整形術を受けることができます。しかし、目の整形では上まぶたや下まぶたを触って施術を行います。そのため、施術中にまつげエクステが取れてしまうこともあるでしょう。まつげエクステを付けた状態で目の整形術を受けたいという方は、そのことをしっかり理解しておきましょう。
Q.プチ整形と普通の整形はどう違うのですか?
プチ整形と普通の整形の違いは、身体への負担の違いです。埋没法や涙袋形成といったプチ整形では、目頭切開法といった普通の整形のようにメスを使用しません。ヒアルロン酸や特殊な糸を使って施術することが殆どのため、身体への負担が小さいのです。そのため、痛みが苦手な方、ダウンタイムのない施術を受けたい方、整形初挑戦の方には、大変お勧めです。また、プチ整形は、普通の整形よりも低料金の傾向があります。実際に、埋没法や涙袋形成といったプチ整形は、メスを使う本格的な整形・目頭切開法よりも低料金で施術を受けることができます。
口元整形で人気の美容整形外科
詳しくはこちら
第一印象は目元で決まる?
目元の整形Q&A
ヒアルロン酸で涙袋形成や
隆鼻術ができるのはどうして?
美容整形外科のプチ整形でお馴染みのヒアルロン酸。ヒアルロン酸が目元のたるみ改善、涙袋形成、隆鼻術などに使用されているのは、その成分が大きく関係しています。ヒアルロン酸には、皮膚、筋肉、軟骨を構成する働きがあります。細胞同士をくっつけ、皮膚を形成することが可能なのです。そのため、ヒアルロン酸を使えば、たるんだ皮膚に弾力を与えたり、涙袋を盛り上げたり、低い鼻を高くしたりすることが可能というわけです。