さまざまな目元の整形手術 眼瞼下垂手術
眼瞼下垂を改善して、スッキリとした目元へ
眼瞼下垂手術では、目に瞼が覆った状態である眼瞼下垂を改善することができます。余分に垂れさがったまぶたを切除し、本来のスッキリした目元に仕上げます。目が大きくなり、若々しい印象になります。
眼瞼下垂手術の手術方法 費用(目安)…切開なし15万円前後~
眼瞼下垂とは、目の上にまぶたが覆い被さってしまう目の症状のことです。視界が狭くなる他、目が細く見え、冷たくキツい印象を相手に与えてしまいます。そんな眼瞼下垂の症状を改善するためには、埋没法、目頭切開法、涙袋形成でお馴染みの美容整形外科を利用するのがお勧めです。美容整形外科では、眼瞼下垂を改善するための眼瞼下垂手術が取り扱われています。眼瞼下垂改善の手術では、眼瞼下垂の原因となっている余分な皮膚や皮脂を摘出する手術、上まぶたを適度に整える手術が行われます。メスを使用する施術が殆どですが、健康被害を防ぐためには是非とも受けるべきです。
眼瞼下垂手術のメリットとデメリット
まぶたを覆ってしまい、視界が狭くなる他、審美性をも損ねてしまう眼瞼下垂という症状。この症状を改善するためには、美容整形外科の眼瞼下垂手術がお勧めです。眼瞼下垂のメリットは、眼瞼下垂による健康被害を改善することができる点。眼瞼下垂を放っておくと、目が見えなくなったり、対象物と自分の距離感を掴むことができないといった健康被害が生じます。眼瞼下垂手術を受ければ、そのような健康被害を予防することができます。また、目がスッキリし、審美性が高まる点も大きなメリットといえます。しかし、眼瞼下垂手術では、メスを使用した整形術を行います。そのため、施術後には数週間から数カ月のダウンタイムが必要となります。この点が、眼瞼下垂手術のデメリットといえるでしょう。
眼瞼下垂手術はこんな方におすすめ
  • 目が開きにくい方
  • 眠そうな目だと言われる方
  • 目を大きくしたい方
  • 目が疲れやすい方
  • 上方の視界が狭いと感じる方
この手術をした人の口コミ
本当に眼瞼下垂手術、受けて良かったです。
年々、目にまぶたが覆い被さるようになり、眼瞼下垂手術を受けるまでは老婆のような目をしていました。でも、美容整形外科で眼瞼下垂手術を受けてからは、昔のようなスッキリした目元を手に入れることができました。手術では麻酔を使ってもらったので、ほとんど痛みを感じていません。手術後、ダウンタイム中には痛みを感じましたが、健康のことを考えたら、やむを得ないものだと思い、我慢できました。手術から数週間経った今では、本当に生活のしやすさを実感しています。物が以前よりもよく見え、自分はまだ若いと自信を持てるようになりました。
まさきさん(37歳)
カラーコンタクトで目に負担がかかり、眼瞼下垂になってしまいました。
最初、自分が眼瞼下垂であると診断されたときには、認めることができませんでした。でも、確かに以前よりも目が小さくなり、目元がたるんできたなと感じていた私は、美容整形外科でたるみ取りの整形術をしてもらおうと相談へ行きました。すると、美容整形外科の先生にも眼瞼下垂であると診断され、眼瞼下垂手術をすすめられました。無駄な皮膚を摘出し、ヒアルロン酸で弾力と膨らみを持たせてもらい、今では以前と比べ物にならないほど魅力的な目元を手に入れることができました。眼瞼下垂を認めたくない方は多いかもしれませんが、若い人にも結構見られがちな症状のようなので、油断してほしくないです。眼瞼下垂と診断された方は、私のように美容整形外科で施術を受けることをお勧めします。
UDAさん(30歳)
口元整形で人気の美容整形外科
詳しくはこちら
第一印象は目元で決まる?
目元の整形Q&A
眼瞼下垂の症例には
種類があるんです。
一概に眼瞼下垂といっても、色々な原因により生じてしまいます。まず、老人性の眼瞼下垂。この眼瞼下垂では、加齢によってまぶたがたるんでしまうことで症状が起こります。次に、コンタクトによる眼瞼下垂。ハードコンタクトをつけている方に起こりやすく、レンズを外すときにまぶたを引っ張ることが原因となるようです。この他、白内障の炎症や先天性によるものでも眼瞼下垂が起こる場合があります。