さまざまな目元の整形手術 たるみ取り
目のたるみは、美容整形外科のたるみ取り整形術で
目のたるみ取りを行うと、老け顔が改善され、若々しい印象に仕上がります。ヒアルロン酸を注入したり、美容皮膚科で展開されているボトックスやレーザーといった整形術でも目元のたるみを改善することができます。
たるみ取りの手術方法 費用(目安)…10万円前後~
年々、目元の皮膚は脂肪は弾力を失うことにより、下がりがちになってしまいます。そしていつの間にか、たるみを生じてしまうのです。目元のたるみは、顔の印象を5歳も上に見せ、老け顔を作り上げてしまいます。いつまでも若々しい顔を維持するためには、目元のたるみを改善することが重要です。そこで利用したいのが、目頭切開法、涙袋形成、埋没法でお馴染みの美容整形外科です。美容整形外科では、ヒアルロン酸治療、部分切開法などを用いて、たるんだ目元の皮膚をスッキリさせることができます。即効性のある整形術ばかりなので、「すぐに若々しい目元を手に入れたい」という方には、大変おすすめです。
たるみ取りのメリットとデメリット
目元のたるみ取りでは、上まぶたや下まぶたの余分な皮膚・皮脂を取り除くことができるため、半永久的にスッキリした目元を手に入れることができます。若々しい印象を手に入れられることが、一番のメリットといえます。目瞼下垂の予防にも効果的です。また、目元のたるみ取りの整形術の中には、ヒアルロン酸注入といったメスを使わない方法もあるので、身体に負担をかけたくないという方でも安心です。とはいえ、たるみが酷い方は、このヒアルロン酸注入では完璧に改善することができません。その場合は、メスを使った方法になるので、施術後、数週間から数カ月のダウンタイムを要することになります。
たるみ取りはこんな方におすすめ
  • 目の上のたるみが気になる方
  • 埋没法が元に戻ってしまった方
  • 目の下のたるみが気になる方
  • むくみが強く目が腫れぼったくなる方
  • 目元を若返らせたい方
この手術をした人の口コミ
むくみがちだった目元がスッキリしました!
目元って、知らない間にたるむんですよね。私はもともと瞼が分厚いので、腫れぼったい目をしていました。それが年々、たるみへと変化していたんです。美容整形外科でたるみ取りの整形術を受けてからは、本当に顔の印象が変わったと言われます。前よりも表情がはっきりし、人とコミュニケーションをとるのが楽しくなりました。目の整形といえば、目頭切開法、埋没法、涙袋形成などが有名ですが、私の受けたたるみ取りの整形術を実践される方も多いようです。こんなに目の印象が変わるなら、もっと前からこの整形術を受けておけば良かったと思います。
毎日母ちゃんさん(42歳)
老け顔から若顔に変身!先生、ありがとう!
こんな年齢で美容整形外科へ足を運ぶなんて思ってもみませんでした。でも、友人の数人が美容整形外科でたるみ取りの整形をしたと聞いて、「私の歳でも整形する人って珍しくないんだ!」と勇気をもらい、目のたるみ取りの整形をすることに至りました。施術では、ヒアルロン酸注入をしました。メスを使わない方法で、施術中は痛みを感じませんでした。そして、施術後、鏡を見てびっくり!すごく効果に即効性があり、見違えるほど目元が変わっていたんです!料金も整形の料金とは思えないほどの低料金。効果は半永久的ではないようですが、この料金なら数年後もう一度受けようと思えます。主人にも、綺麗になったと褒めてもらえました。
長谷川さん(51歳)
口元整形で人気の美容整形外科
詳しくはこちら
第一印象は目元で決まる?
目元の整形Q&A
涙袋形成では、ヒアルロン酸を沢山
注入すれば良いというわけではない
近年、目頭切開法や埋没法といった整形術の他に、涙袋形成の整形術も巷で流行しています。涙袋があると、表情が豊かに見え、笑顔も魅力的になります。そのため、美容整形外科を利用する多くの方は、「涙袋をしっかり作りたい」という認識の方が多いようです。しかし、涙袋があまりにも大きすぎると、不自然な仕上がりになってしまいます。笑ったときは強調されて良いかもしれませんが、無表情になったとき、どうしても違和感の出る存在になってしまうのです。涙袋形成の整形術を受ける際は、注入するヒアルロン酸の量を担当医師と相談し、自然な仕上がりになるように施術してもらいましょう。