さまざまな目元の整形手術 自分に向いている整形方法は?
自分の目の状態に合った整形術を選ぼう!
目の整形術は様々。色々な方法が存在しているのは、1人1人の目の形、大きさが違っているからです。目の整形術を受けようと考えているあなたは、自分に合った整形術を美容整形外科の担当医師に提案してもらいましょう。
自分に向いている整形方法をさがす
まずはなりたい自分をしっかりイメージする
プチ整形などが流行し、以前よりも身近な存在となった美容整形外科。しかし、整形は整形です。前もって理想のイメージを決めておかないと、自分の理想とは裏腹な顔に仕上がってしまいます。目頭切開法、埋没法、涙袋形成など、美容整形外科には魅力的な施術法が沢山あります。「この整形術に挑戦したい!」と思うのではなく、まず、自分のなりたいイメージをしっかり想像し、そのイメージに仕上がるにはどんな整形術がベストであるかを担当医師に提案してもらうようにしましょう。
メスを使う手術と使わない手術のメリットとデメリット
美容整形外科の整形術の中には、メスを使うものもあれば、メスを使わないものがあります。メスを使うもののメリットは、半永久的な効果を望める点です。また、形などを変えることができるので、仕上がりが劇的に変化します。とはいえ、メスを使うだけあり、ダウンタイムが必要になってしまうことは忘れてはいけません。もちろん、痛みもあります。それに対し、メスを使わないものは、半永久的な効果は期待できないものの、痛みやダウンタイムがないものが殆どです。
口元整形で人気の美容整形外科
詳しくはこちら
第一印象は目元で決まる?
目元の整形Q&A
目の整形は
何歳からできるの?
目の整形に年齢制限はありません。とはいえ、赤ちゃんや幼少期の子供に整形手術を受けさせるとなれば、当然、身体への負担が大きいため、クリニック側に断られてしまうでしょう。近年では整形ブームにより、小学生でも目頭切開法や埋没法、涙袋形成といった目の施術を受ける方がチラホラ。しかし、子供の頃の皮膚は、まだ成長段階。皮膚は子供から大人になるにつれて厚みが減り、伸びていく傾向があります。それを考えると、子供の頃に整形をすれば、大人になったとき再度メンテナンスが必要になるケースもあるでしょう。