目元の悩みいろいろ 左右非対称
左右の目の大きさが違うあなたには、目頭切開法、目尻切開法、埋没法がお勧め
左右非対称な目だと、顔全体のバランスが崩れがちです。目頭切開法や目尻切開法で、左右の目の大きさのバランスを整えましょう。埋没法で大きさを揃えられるケースもあり、傷をつけたくないという方でも安心です。
左右非対称の目元
左右の指の長さや腕の筋肉の発達の仕方が異なるように、世の中には顔が左右非対称という方が大勢います。むしろ、顔が左右非対称の方のほうが多いでしょう。とはいえ、あまりにも左右非対称な顔だと、審美性を大きく損ねてしまいます。中でも目は、顔の中で最もインパクトのある部分だけに、左右対称にしたいと思う方は多いでしょう。そんな方には、美容整形外科の埋没法、目頭切開法、部分切開法、全切開法、涙袋形成といった目の整形術をお勧めします。目の整形術を受ければ、不揃いな左右の目をバランス良く揃えることができます。埋没法など、一部の施術はメスを使わないため、安心して受けられるはずです。
左右比対称の目からの二重手術
左右非対称な目を解決するためには、美容整形外科で展開されている埋没法、目頭切開法、部分切開法、全切開法、目元形成、涙袋形成といった目の整形術がお勧めです。目がアンバランスな原因をカウンセリングで見解し、問題解決に適切な施術法をこの中から選択します。何が原因で目の左右非対称が起こっているのか、どのバランスに合わせるのかなどを施術前のカウンセリングで担当医としっかり話し合うようにしましょう。そうすることで、自然で満足度の高い仕上がりを実現することができるでしょう。理想的な目を手に入れるためには、自分の目に合った施術法をカウンセリングで導いてもらうことが重要です。
手術の種類
埋没法
目頭切開法
部分切開法
全切開法
目元形成
眼瞼下垂手術
必ずしも完璧なシンメトリー(左右対称)が「美」ではない?!
シンメトリーこそが美と認識する方は多いでしょう。しかし、必ずしもシンメトリーが美しさとは限りません。私達人間は、左右非対称が当たり前の生き物だからです。美容整形外科の医師達は、施術をする上で、左右対称にこだわりながら、施術を行います。しかし、驚くことに、慎重に施術を行っても、完璧な左右対称を実現することはできないといわれています。それは何故かというと、もともと施術する前のパーツが、左右対称ではないからです。わずか.0数ミリでも左右のパーツの大きさに違いがあると、当然ながら仕上がりも左右非対称になってしまいます。自分では気づくことがないレベルの小さなズレが、整形術によって大きなズレに変わることもあるといいます。そして、それに腹を立てて「左右のバランスが悪い、整形術が失敗された」と怒る患者さんがいるのも事実のようです。そのような患者さんは、左右対称の完璧を求めている傾向にあり、左右対称こそが美という認識を持っているようです。ですが、よく考えてみてください。私達は左右非対称であることが当たり前の生き物。左右が完璧に対称であれば、それは不自然なのです。よって、美容整形では、自然な仕上がりを実現するべく、完璧な左右対称には仕上げないといいます。私達人間の美しさは、左右非対称の上に存在するものだからです。
口元整形で人気の美容整形外科
詳しくはこちら
第一印象は目元で決まる?
目元の整形Q&A
顔が歪んでしまうのは
一体どうしてなの?
昔の写真と今の写真を見比べたとき、「何だか私、以前よりも顔が左右非対称になったかも…」こう思った方はいませんか?私達の身体は、毎日の生活の中で歪みを生じていくものです。特に、片方の歯だけで物を噛む方、頬杖をつく癖がある方、猫背の方、利き手ばかりを使う方などは、日に日に歪みが酷くなっていきます。顔や身体の左右非対称が日に日に悪化していくのは、あなたの何気ないその癖が原因かもしれません。埋没法や涙袋形成などの施術を施したり、生活習慣や癖を見直したりして、顔の歪みを矯正していきましょう。