目元の悩みいろいろ 目元がさみしい(涙袋がほしい)
さみしい目元には、埋没法、目頭切開法、涙袋形成といった目の整形術がお勧め
いまいち目にインパクトがないというあなたには、埋没法や目頭切開法で二重を形成したり、目の大きさを変えて華やかさをプラスしてみるのがお勧めです。涙袋形成でも、インパクトを与えることができます。
涙袋とは
涙袋とは、目の下の膨らみのことです。別名・類堂とも呼ばれており、ホルモンが詰まって形成されています。そのため、ホルモンタンクと呼ばれることもあります。涙袋は近年美容整形外科でも注目されており、ヒアルロン酸などを注入して意図的に涙袋を形成する涙袋形成術は大人気。低料金で即効性のある効果が望める点も大変魅力的です。なお、涙袋形成をすると、顔が小さく見える、目にインパクトが出る、目が大きく見えるといったメリットがあります。目頭切開法や埋没法などで、目に二重を形成したり目を大きくすることなく目にインパクトを作ることができるので、目に本格的な整形術を施したくないという方には、大変お勧めの施術といえます。
涙袋があるとどんな印象になる?
涙袋があると、涙袋の分だけ目が強調されます。そのため、目を大きく見せることができ、対比によって小顔効果も期待することができます。また、涙袋があると、笑ったときに涙袋が盛り上がり、愛嬌のあるかわいらしい笑顔を作ることができます。表情が明るく、魅力的な表情に演出してくれるのです。このほか、若々しく見える、顔にインパクトが出る、目元に凹凸ができてメリハリが生まれるなども、涙袋のメリットといえるでしょう。なお、涙袋は美容外科の涙袋形成術によって作ることができます。身体に低負担な上に低料金で受けることができる施術のため、若い方を中心に人気が集中している施術メニューです。
涙袋形成の手術
美容整形外科の涙袋形成術では、目元の下まぶたにヒアルロン酸を注入して涙袋を形成する施術が一般的です。しかし、ヒアルロン酸は時間と共に体内へ吸収されてしまう成分のため、半永久的な効果は期待できません。しかし、1年から3年という長期間は効果が期待できるので、数年後に繰り返し施術を受けにいけば効果を持続させることができます。なお、ヒアルロン酸による涙袋形成は、注射でヒアルロン酸を注入するだけの簡単な施術。そのため、施術時間も短く、ダウンタイムなどもありません。施術後、メイクをして帰ることもできます。目頭切開法よりも負担が少ないため、気軽にプチ整形を楽しみたいという方にもお勧めの施術といえます。 .0数ミリでも左右のパーツの大きさに違いがあると、当然ながら仕上がりも左右非対称になってしまいます。自分では気づくことがないレベルの小さなズレが、整形術によって大きなズレに変わることもあるといいます。そして、それに腹を立てて「左右のバランスが悪い、整形術が失敗された」と怒る患者さんがいるのも事実のようです。そのような患者さんは、左右対称の完璧を求めている傾向にあり、左右対称こそが美という認識を持っているようです。ですが、よく考えてみてください。私達は左右非対称であることが当たり前の生き物。左右が完璧に対称であれば、それは不自然なのです。よって、美容整形では、自然な仕上がりを実現するべく、完璧な左右対称には仕上げないといいます。私達人間の美しさは、左右非対称の上に存在するものだからです。
手術の種類
目元形成
口元整形で人気の美容整形外科
詳しくはこちら
第一印象は目元で決まる?
目元の整形Q&A
愛嬌溢れる涙袋も、
ケア次第ではたるみに化けてしまう
近年話題の涙袋。美容整形外科でも、涙袋形成術は高い人気があります。しかし、涙袋を放っておくと、たるみになってしまうことをご存知ですか?目元の皮膚は薄くダメージを受けやすいため、ちょっとした油断で簡単にたるんでしまいます。ふっくらした涙袋を持続するためには、日々念入りに目元のケアを行う、適度なマッサージでリンパを流す、日焼け対策を万全に行うなどして、たるみを予防しましょう。あなたのケア次第では、愛嬌たっぷりの涙袋が老け顔の原因になりかねません。