目元の悩みいろいろ 目の周りのたるみ・ふくらみ
目の周りにたるみや膨らみがあるあなたには、ヒアルロン酸の整形術がお勧め
目の周りにたるみや変な膨らみがあると、顔の印象が一気に老けてしまいます。涙袋形成の際に使用するヒアルロン酸を使った施術や、余分な脂肪を摘出する施術がお勧めです。
目の周りのたるみ・ふくらみとは
昔はなかったにも関わらず、いつの間にか目元にたるみ妙な膨らみができてしまっていたという方は多いでしょう。目の下のたるみや膨らみは、年齢とともに減少するコラーゲンやヒアルロン酸の減少によって生じてしまうものです。皮膚は、コラーゲンやヒアルロン酸の減少によって弾力をなくしてしまいます。その結果、重力にさからえなくなってたるんでしまったり、脂肪が変異して妙な膨らみを形成してしまったりするのです。目元のたるみや妙な膨らみを改善するためには、埋没法、目頭切開法、涙袋形成などでお馴染みの美容整形外科を利用するのが一番です。美容整形外科で展開されている目のたるみ・膨らみを改善する整形術を紹介していきましょう。
目の周りのたるみ・ふくらみによる印象の違い
目元がたるんでいたり、妙な膨らみを生じている状態の皮膚は、コラーゲンやヒアルロン酸が欠けているため、弾力がありません。そのため、重力にさからうことができず、皮膚が下がってしまいます。結果、顔全体が下に下がった印象になり、老け顔を形成してしまいます。また、目元がたるんでいたり、妙な膨らみを生じていると、クマができやすいといったデメリットも。顔が全体がたるんで、クマができてしまえば、更に老け顔に見えてしまいます。いつまでも若々しくスッキリした印象でいるためには、目元のたるみ、妙な膨らみを美容整形外科で改善しましょう。目頭切開法、埋没法、涙袋形成でお馴染みの美容整形外科を利用すれば、即効性のある方法で目元のたるみや妙な膨らみを改善することができます。
目の周りのたるみ・ふくらみ取りの手術
たるんだ目元、妙な膨らみがある目元を改善するためには、美容整形外科で展開されている整形術がお勧めです。目元形成法や眼瞼下垂手術、たるみ取りなどの整形術を受ければ、すっきりした若々しい目元を手に入れることができます。ヒアルロン酸を注入したり、コラーゲンを注入したり、余分な皮膚や脂肪を切除することでも、若々しい目元を手に入れることができます。目頭切開法、埋没法、涙袋形成といった人気の治療を組み合わせれば、より魅力的な目元に。カウンセリングで担当医師と話し合い、自分の目元に適した整形術を提案してもらうのがお勧めです。
手術の種類
目元形成
眼瞼下垂手術
たるみ取り
口元整形で人気の美容整形外科
詳しくはこちら
第一印象は目元で決まる?
目元の整形Q&A
近年人気の高い
グラマラスライン形成術とは?
グラマラスライン形成術とは、目の下瞼の部分を切除し、たれ目を形成する整形術です。下瞼のボトム(カーブの一番下がっている部分)を外側に下げてあげることで、たれ目を形成することができます。たれ目の目は近年人気が高く、愛嬌のある優しい印象を相手に与えることができます。吊目や細い目で相手にキツい印象を与えてしまいがちという方には、大変お勧めの整形術です。埋没法や目頭切開法などの整形術と同様、目を大きく見える効果もあります。