目元の悩みいろいろ 一重まぶた
一重まぶたのあなたには、埋没法や目頭切開法の整形術がお勧め
腫れぼったい目、細い目、キツイ目の印象になってしまう一重まぶたの目。一重まぶたに悩みやコンプレックスを抱えているあなたには、埋没法や目頭切開法といった美しい二重が作れる整形術がお勧めです。
一重まぶた、奥二重とは
あなたは初対面の人と対面した際、まず、相手のどこを見ますか?このような状態のとき、誰もが最初に見る相手のパーツこそが目です。人と人が会話をするとき、互いに目を見つめ合います。また、何かコンタクトを取りたいなと思うときも、相手の目を見るはずです。人は無意識に相手の目を見つめてしまう生き物。目を見て、相手の気持ちや感情を捉えようとするのです。この時、大きく魅力的な目をしている人は、相手に良い印象を与えることができます。しかし、細くキツイ目や眠そうな目をしている人はどうでしょうか?時と場合によっては、相手を誤解させてしまったり、不快な印象を与えてしまうこともあるでしょう。
二重まぶたの種類と施術
一概に二重といっても、形や特徴などによって数種類に分けられています。ここでは、主な二重の種類について紹介していきます。一重の方は、どんな二重まぶたを目指すかを決めるための参考にしてください。
  • 自然な奥二重 奥二重とは、二重ほど存在感のない自然な目のことです。まぶたの皮膚が薄い方なら、埋没法で綺麗な奥二重を作ることができるでしょう。メスを使わず低リスクな方法で目を大きくしたい方、周囲に整形したとバレたくない方にお勧めです。
  • 末広型 末広型の二重とは、目頭部分から外側に二重が伸びていくタイプの二重です。日本人の二重に多い形状で、メイクがしやすくなるでしょう。埋没法で実現できますが、目頭切開法や部分切開法のほうが自然な仕上がりになります。
  • 平行型 平行型の二重は、目頭部分の蒙古襞がなく、二重の幅が平行に広がっているタイプの二重。外国人に多く、立体感のある目元です。平行型の二重を形成するには蒙古襞を取り除く必要があり、目頭切開法などのメスを使った施術が必要となります。
一重まぶた、奥二重からの二重手術
一重まぶたを二重まぶたにする美容整形術は、現代において非常にポピュラーです。中でも、埋没法はメスを使わずに二重を作れる施術として高い人気を誇っています。とはいえ、中には幅や目の形などにおいて理想的な二重を手に入れたいという方もいるでしょう。そんな方には、目頭切開法、部部切開法、前切開法という施術がお勧めです。メスを使用するものの、麻酔を使って施術するため、ほとんど痛みを感じません。また、効果が半永久的であるため、美しい二重を永遠キープし続けることができます。現代は簡単に二重になれる時代。一重まぶたの方は、美容整形外科で埋没法、目頭切開法、部分切開法、前切開法といった整形術を検討してみてはいかがでしょうか?
手術の種類
埋没法
目頭切開法
部分切開法
全切開法
口元整形で人気の美容整形外科
詳しくはこちら
第一印象は目元で決まる?
目元の整形Q&A
目が小さく見える原因は、
蒙古襞にあった!
蒙古襞とは、目頭部分を覆うまぶたのことです。日本人の目の殆どにはこの蒙古襞が見られ、逆に西洋や北欧人の目には蒙古襞が殆どありません。蒙古襞があると、目頭部分が隠されてしまい、目が小さく見えてしまいます。美容整形外科で人気の目頭切開法で目が大きくなるのは、施術でこの蒙古襞を取り除くからと言っても過言ではありません。大きく魅力的な目を手に入れたいというあなたは、ただ埋没法で二重を形成するだけでなく、目頭切開法などで蒙古襞を取り除くのがお勧めです。また、涙袋形成も効果があります。涙袋形成の施術をプラスすれば、さらにインパクトのある目元が完成します。